悪いか、文句あるかぁ

あんじょじょあじゃーす☆FMO難民の日々

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダンディ21話

う~む、今観終わったんだけど、これは非常にターニングポイントな回かも。
今までの話の無意味さを、全て有意味にしてしまうぐらい。

2~3回観ないと分からないように出来てるね。
というか何回観てもよく分かんなかったんだけど。
でも色々ネットで他の人の意見聞いて自分なりにまとまったので書いてく。
ネタバレあり





まず冒頭にアロハオエ号が墜落しており、廃れているシーン。
amarec(20140902-204352).jpeg
(この描写が後に繋がり、ダンディ一味は全滅していたことを示していた)


そして後半で判明するダンディがこの星にやってきた経緯。
amarec(20140902-204850).jpeg
(もしやラピュタのオマージュ?作画監督がラピュタの飛行石光るシーン描いた人)


amarec(20140902-205133).jpeg
いやだ、こんな死に方。



死者の星自体を具現化した少女
amarec(20140902-205900).jpeg
寂しかったけどやっとあなたが来たと嬉しがる少女


その直後ダンディが分身する描写
amarec(20140902-203037).jpeg


少女「えっ、ウソ、あなたはまさか・・・そんな・・・!」驚き哀しそうな表情になる少女
amarec(20140902-203011).jpeg


少女「そう・・・(悟ったように)」
amarec(20140902-213659).jpeg
少女「あなたは戻ること(生き返ること)は出来ないけれど、別の次元に行くことが出来るかも」
少女「有り得たかもしれない、あなたが脱出できた(死ななかった)かもしれない、別の次元に」
(別の次元に行くということは、生き返ったようなモンらしい。
ということは、今の本体を別の次元に送って本能的に危機的状況を回避できるということか??
そうなると今までのダンディの不死身さに合点がいく。)


でもその為には星のエネルギーを全て使い切るぐらい必要らしく、自分の命を引き換えにしてまでダンディを別の次元に送ろうとする少女
amarec(20140902-214436).jpeg
amarec(20140902-214509).jpeg


「なんでだ?」なぜここまでするのか聞くダンディ


少女「それは・・・あなたに恋したから」


ダンディ「まぁイイ男だからしょうがねえかー」
amarec(20140902-214611).jpeg


ダンディ「まぁ、なんつーか、確かによく考えるとどっちでも良いってことだ。死んでても生きてても俺は俺だけどな」
amarec(20140902-214027).jpeg


別次元に飛ばされるダンディ
amarec(20140902-214034).jpeg



~たぶんここからは別次元~

無事に暗黒星雲を突破し死者の星に墜落することがなかったアロハオエ号。
amarec(20140902-214700).jpeg


しかし、ダンディは変わらず操縦席に頭を強打したまま。
amarec(20140902-214103).jpeg


死者の星に場面は戻り、遠い昔の頃に生きていた服装を着た少女。近づくゴンドラ。
amarec(20140902-214154).jpeg
amarec(20140902-214215).jpeg
amarec(20140902-214226).jpeg


そこにはダンディの姿が。
amarec(20140902-214237).jpeg
amarec(20140902-214245).jpeg
amarec(20140902-214256).jpeg



~まとめ~
ようやく巡り合えたにもかかわらず、決死の救出でダンディを別次元に送った少女。
しかしながら、ダンディは新しい次元でも生きる道を選ばず、寂しい少女の元へ戻るのであった。
理由は「生きてても死んでても、俺は俺、どっちでも良いじゃんよ。だったら可哀想な少女の方に行くじゃんよ」的な。
QTやミャウも死ぬことなく、ハッピーエンド。ちゃんちゃん。

ってな感じやね。
貝のペンダントはどういう意味だったんだろう。
最初はダンディ付けてたけど、最後の別次元では少女が首に下げて待ってたし。
何かありそうなんだけど、もう考えるのめんどくさい。
てかも、映像、美術、音楽、全てにおいてクール、一級品。
脚本ナベシンじゃんね、さすがっす。
余裕でブルーレイぽちり出来ますわ。
ってか、映画じゃんこれ。劇場版やん?

ダンディには次元を飛べる特殊能力があるみたいだ。
やっぱ伏線だったのか・・・、まさかこういう回収の仕方してくるとは俺には予想できんかった・・・。
まぁ伏線と見せかけておいて、次元については最後までスルーという可能性も十分あるで!
まぁ今後に期待やね。
ってもう残り少ないんだけどね。しかも22話は馬鹿回みたいだしw
23~24話ぐらいまであんのかな?やばい、泣かされそうだ。
てゆうか、今後もシーズン3、4と続けて欲しいな。
そしてクリエイター達のやりたいことを全力でやれる媒体として今後も続いていって欲しい。
そうなれば日本のアニメ界もまだまだ捨てたモンじゃなくなるってもんじゃんよ。

| 戯言 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tokyogomionnna.blog115.fc2.com/tb.php/492-a174e41d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。