悪いか、文句あるかぁ

あんじょじょあじゃーす☆FMO難民の日々

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【サッカーコラム】愛と自由とピッチの果てに

■長く熱い戦いの終焉
さて、五輪サッカーも残すは今夜行われるブラジル対メキシコのみという事で
ようやく寝不足から開放される方々も多いのではないだろうか?

日本サッカーは男子がベスト4、女子が銀メダルという大変素晴らしい結果に終わった。
本田・香川・長友など現A代表の中軸を担う選手たちを擁した北京五輪が予選敗退であるから
今回のベスト4はメダルを惜しくも逃したものの、大躍進といっても過言では無いだろう。

しかしながら
「日本サッカーの未来は明るい!」
そういった声が多く聞こえてきても良いはずの成績なのだが、ネガティブな発言や不満の声が多く聞こえるのは何故だろうか?
やはり今大会が良い意味でも悪い意味でも後味の残る大会だったと感じたのは、著者だけではなかったようである。

■たかが1失点、されど1失点
男子は初戦のスペインで波に乗り、そのまま破竹の勢いでベスト4まで登りつめた。
勝因は守備。安定した守りで今大会チーム唯一の失点0でメキシコ戦を迎えた。
メキシコ戦も幸先よく先制、お得意のパターンに嵌め、勝利の女神はこちらに傾いていた――はずだった。
メキシコの奇を狙ったCKで同点、無失点の壁を突き破られてしまう。
そこからはもはや別チームである。
防戦一方になり、ここまで無失点できたのが嘘のようなミスで失点。
守りを固める相手にチャンスらしいチャンスも作れず、ただただ時間が過ぎる。
今まで無かったような平凡なミスを連発し、あっけなく敗北。
我々日本人サポーターにとっては、歯がゆい事この上ない試合だったろう。

私はあのメキシコ戦の1失点目が今大会のターニングポイントだったかのように思える。
まるでブリキのオモチャから大切な部品を抜き取られたかのような変貌。
サッカーの恐ろしさを垣間見た瞬間である。

監督の人事にもいささか不満が残る。
メキシコ戦では逆転された後に、立て続けに交代のカード3枚を切った。
今大会初めての追う立場になり、とにかく前線にフレッシュな選手を入れるという焦りが見えた采配だった。
韓国戦でも同様に、2失点目の直後にカード3枚を切る。
メキシコ戦で少し学習したのか、パスを散らせる守備的MF山村を投入。

あまりにも後手後手な采配過ぎやしないか?
この無茶苦茶な采配を見る限り、関塚監督には『想定外』の事が起こった時に対する準備が足りていなかったと言わざるを得ない。
予選からもっと積極的な交代をし準備を整える必要があったのではないか。
ハードな日程だったのだから、そういった事がより大切だったはずだ。

何にせよ、選手たちにはご苦労さまと讃えたい。
メダルに手が届きそうだっただけに今回の悔しさは北京五輪以上だと思うが
現A代表での北京メンバーの活躍ぶりを見るに、五輪の悔しさが大きな糧となっているに違いない。
そういった意味で今回の五輪は選手たちにとって素晴らしい経験だった事だろう。
是非とも今後の活躍に注目したい。

■判定に泣いたなでしこジャパン
なでしこは、前回の記事の最後で書いたような素晴らしいサッカーをしてくれたと思う。
本当に頑張っていた。
しかし、その頑張りも女子サッカーの質が地に落ちてしまえば何の意味もなくなるのである。

そう、アメリカである。

準決勝に続き、日本戦でもアメリカの勝利に直結するような不可解な判定がいくつか見られた。
まるでアメリカに優勝させる為の茶番劇のような大会だったとしか思えないほどだ。
単純に審判のレベルが低かったと言われればそうかもしれないが、それはそれで女子サッカー全体としてのレベルの低さを露呈している事には変わりない。
(それにしたってアメリカ側に有利な判定が多すぎる気がするが……)
今回のアメリカの優勝がうやむやになり問題にならないようであれば
前回の記事でも書いたように、女子サッカーの未来は無いだろう。

日本のメディアも、なでしこをこれからも取り上げていくつもりならば
美化するだけではなく、もっとグレーな部分を大きく取り上げ、容赦なく報道していくべきである。
ジャーナリストとは本来そうあるべきもので
それこそが、結果的に女子サッカーを良い方向へ導いてくれる唯一の方法でもあるのだ――。


(東京NEET出版記者・五味男)


>REDRUM
どうも、東京NET出版の五味男です。
以後お見知りおきを。

| サッカー | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tokyogomionnna.blog115.fc2.com/tb.php/364-4f8dadc2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。