悪いか、文句あるかぁ

あんじょじょあじゃーす☆FMO難民の日々

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ごみおの映画批評PART2

お待たせしました人気シリーズ、ごみおの映画批評!
今回観た映画はコレ!


・踊る大走査線3 ★☆☆☆☆
せめてもうちょっとリアリティを出してもらわんと感情移入もできん。
感動しろ感動しろと押し付けられた気分。
1を映画館で立ち観するぐらい踊大は好きだったけど、もう俺の中ではオワコンになってしもた(´・ω・`)


・バッファロー'66 ★★★★★
実は中学ぐらいの時に一度観た事あったんだけど、そんときはただのエロい映画だと思ってた。
あの時の俺は幼かった・・・(今もだが
シリアスな雰囲気を出しつつもコメディタッチで、独特な描写とか演出もあって凄かった。
まさかこんなにも後味の良い映画だとは。
本来なら、ごみ女採点は厳しいので星四つなのだが
クリスティーナ・リッチ(アダムスファミリーの子役の人)がエロ可愛すぎてヤバかったので、特別に星五つ!!!


・ゴーストワールド ★★★★★
出たよ出たよ。こういう作品は観終わった後にしばらく尾を引くから嫌だ!
まったく前情報もないまま観てたので、途中からは「あれ、普通の恋愛映画なのかな?」と思ったら、やっぱそんな訳はなかった。
話の内容は、思春期によくある感情をもった女の子の葛藤を描いてる感じなんだけど
その感情ってのが、すごく共感しちゃって一気に引き込まれてしまった。
何て言えばいいんだ・・・
「私は他とは違う!」みたいな・・・「世間と自分のギャップに対する苛立ち」みたいな・・・
まぁ簡単に言うと「今の俺」みたいなもんだよね。
インドアとアウトドアっていう違いはあるけど根本的には同じかなって。
社会に馴染めず、周りを軽蔑し、愚痴ばっかりで、自分こそが正しいと思い込む感じ。
結局最後は来るはずのないバスに乗り街を出て行っちゃうわけだけど

以下、俺なりの解釈↓
子供から大人への脱皮を描きたかったんじゃなかろうか。
親友は物語後半になるにつれて大人になっていく姿が描かれてる気がするし
大人になりたくない主人公は何とか拠りどころを探すが、何処にも居場所が無く、最後の拠りどころとなっていた空想の?ベンチのおじさんもバスに乗って消えてしまった。
主人公もそれに続きバスに乗る⇒子供の自分をサヨナラした。
ラストのカウンセリングを受けてるシーンは
現実を見失うと(主人公を選んでしまったこと=非現実的な行動をしてしまう)、こうなっちゃうよみたいな事を言いたかったのでは・・・


意味不明な長文書いてごめんなさい(´・ω・`)
徹夜明けはロクな事考えないんだよなぁ。
まだ胸がモヤモヤする、また観よう。
あ、ホ、ホントはごみ女採点甘くないので星四つだけど、主演のソーラ・バーチがめっさ可愛すぎたから星五つにしてあげたんだからねっ!
おわり


>555さん
デモンズもアンチャも冬か~長いな~
RDRの拡張パックってあれか、ゾンビのやつか!面白そう
デモンズは・・・俺の財布のソウルとなってしもた。

>k,oさん
パナマ一度は行ってみたいな

| えいが | 07:29 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

バッファロー‘66俺の中でベストテンに入っちゃうほどの神映画だった。まぁ「トレインスポッティング」には勝てんがな。

| k,o | 2011/02/12 09:41 | URL |

踊る大走査線メディアやらでピックアップされてたので人気あると思ってましたが、3までいくとやっぱりがた落ちするんですね。。

※「私と犬の10の約束」と「いぬのえいが」オススメです(´・∀・`)

邦画洋画問わず、感動系あればオススメしちゃってください(`・ω・´)

| alice | 2011/02/12 12:00 | URL |

とりあえずロリ巨☆乳好きだという事はわかった


ギャロの映画なら「ブラウンバニー」おすすめ(^ω^)

| G | 2011/02/14 10:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tokyogomionnna.blog115.fc2.com/tb.php/213-68a02235

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。