悪いか、文句あるかぁ

あんじょじょあじゃーす☆FMO難民の日々

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

漫☆画太郎



前々から思ってたけど、画太郎先生って実は絵、上手いよね。
絵が上手いか下手か、漫画家でそれを判断するには女性の描き方を見ればいい。
本当に絵が上手い漫画家はやはり、女性の描き方に引き込まれるものを感じる。
画太郎先生の描く女の子もそうだ。
今にも息絶えそうな線でフニャフニャと描かれているのだが
何故だかすごくかわいくて萌えるのだ。

いつもババアばかり登場するからそのギャップなのかな?
例えるなら
「不良がたまに善い行いをするとすごく印象が良い現象」なのかな?

ギャグ要素を何倍にも引き出すため、あえてあまり上手く描かない。
醜いキャラクターばかりを出し、気持ち悪い描写をここぞとばかりに描く。
もしそうなのだとしたら・・・
能ある鷹は爪を隠す・・・いや

能ある画太郎、ペンを隠す

とでも言おうか・・・。

とにかく、画太郎先生にはこれからも
ジブリの看板を背負い、頑張って漫画道を歩んでいってほしいものである。


≫ Read More

スポンサーサイト

| 戯言 | 03:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くるみ



今更だけど泣けるよね。
(むかしむかーし記事にした記憶があるのは気のせいだろう)
俺的泣けるPVランクダントツ1位。
ていうかPVで泣くとかこれぐらいしかない。
1サビの部分、曲と映像マッチしすぎだろ!
毎回そこで泣きそ-になるんじゃあボケ!
卑怯にもほどがあるわい!

大切な人がいつか自分のそばから消えていなくなるってのは
何ものにも代えがたい辛さがあるよね。
想像するだけでどうしようもなく嫌だ。
俺はまだ若い方で、幸運にもあまりそんな経験はしてこなかったが
これからは近い将来、そういった不可避なことがやってくると思うと
何だか気が滅入る。
だけど、それでも人は前を向いて生きていかなきゃいけないんだね。

大事なのは後悔しないこと。
小・中学生のときおばあちゃんに「しね」って言ったことがいまだに胸に引っかかってる。
おばあちゃん言われてどんな気持ちだったんだろ。
おばあちゃん、あれは本心じゃないんだよ。
口からつい出ちゃっただけで本当にしんでほしいなんて思ってなかったからね。

後悔だけは残したくないもんです。





ふぅ、いいこと言ったしオナニーでもするか。
あ、ムゥちゃんのおトイレシーンも置いときますね(^v^)
ムゥうんち

≫ Read More

| 戯言 | 16:44 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

D.N.A2

D・N・A2 FILE1―何処かで失くしたあいつのアイツ (ジャンプコミックス)D・N・A2 FILE1―何処かで失くしたあいつのアイツ (ジャンプコミックス)
(1993/12)
桂 正和

商品詳細を見る

桂正和シリーズ
中盤ダレたけどストーリー+キャラ+ラストが秀逸でまぁまぁ面白かった。
ジャンプお得意のバトルシーンさえ少なかったらもっと良かったのに。
ラストが連載時とコミックでは違うようで
連載時は最終的にヒロイン(かりん)と主人公(純太)が結ばれるようだけど
コミックで結ばれていなかった。

俺も最初はえええええぇ~って感じのラストでがっかりしたけど
よくよく読み返してみると
セリフや描写にヒントがあって「ああナルホド」って感じのラストで納得した。
詳しく説明すると(読んでない人は知らん)


森が自殺して一件落着したはいいが
結局未来では何百人と死んでいて、それはもう生き返らない。
ただ未来の息子からの話では送られてきたDCM弾を純太に撃てば
メガプレにならず未来も変わり、死んだひとも生き返る。
ただかりんは、この時代にとどまって純太と幸せになろうか悩む。
でも結局純太にDCM弾を撃ち、記憶とメガプレを取り除き未来へ帰った。
ラストの「こうみえてもプロよ、情には流されないわ」ってセリフは
一見、最後の最後がそんなセリフで終わりかよって思うかもしれないけど(現に俺が思った)
背景が分かるとすごくいいセリフになった。

で、かりんがそう決心したのは
亜美ちゃんが好きなんでしょと言われ否定できず「かりんちゃんだって好きだ」と
どっちとも決めかれない純太と
ラストの雨の中のキスシーンのコマにあるキラキラ純太のせいだろう。
惚れちゃいながらも、やっぱりメガプレイボーイの素質は消えてないと悟ったんだろうね。
じゃなきゃあんなラストの大事なシーンでキラキラの描写なんか普通入れないわな。
森の陰謀は防げたけど、メガプレが再発したら
それはそれでまた未来にとって大変なのは変わらない。
「こうみえてもプロよ」ってラストは、ほんと文句のつけようがない終わり方だと思う。


馬鹿な俺でも久々に理解できたから自己満足でメモ代わりに書いてみたw@・w・@w
やっぱ桂さんは恋愛モノを書くべきだ。
ついついバトル方面にいっちゃうよーだけど、もう恋愛要素10割ぐらいで書いてくれた方が絶対イイ。
桂さん的には嫌なんだろうけどw

次は電影少女でも読んでみるかぁ~
一回読んだ事あるけど、エロ目線だったからな~全然内容覚えてないや(*'-')

≫ Read More

| 桂正和 | 16:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

I's

こないだ読んだが何だかんだで神だった。
連載当時はエロ目的でしか読んでなかった自分が恥ずかしい。
これ読んで伊織ちゃんに恋しないオスなんていねぇーだろっ!!!
画力が二次元の域超えてるよっ!反則だよまったく!!!
にしても桂正和先生の描くヒップは最高すなぁ^ω^
I完全版 1 (ヤングジャンプコミックス)" border="0">I"s<アイズ>完全版 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2005/12/19)
桂 正和

商品詳細を見る



鬱要素たっぷりなので読むときは気をつけなはれやー

| 桂正和 | 11:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毎度おなじみ

忘れた頃にやってくる『たま』のコーナーどぇーす。
やる事ないと動画巡りして行き着く先はいっつも『たま』っていうね。

最近気になったこと。
内田裕也タイーホされちゃったね。
容疑を間違いないと認めてるあたりは男らしいじゃないか。
俺は全然嫌いじゃないよ、何か憎めないんだよなw
人間の本当の欲望や弱い部分が詰まった人というか、ある意味で尊敬に値する。
キキキリンさんもすげーな。
訴訟を起こしてでも離婚させなかったとかどんな妻だよww
内田裕也がかわいそうになってくるw
しかもその家族構成の中にもっくんまで居るというねw
いつかぜったい映画化してほしいな、もっくん頼んだよ。

アーマードコア5とダークソウル。
10月と9月だっけ?
やっべー。意外と早い。今諭吉どころかお札がない^q^/
楽しみですねー。
アーマードコアはちと敷居が高そうだけど。



じゃ、誰得な『たま』をたっぷりと堪能するがいいさ!



昔のちびまる子ちゃんはえがったのぅ~
MADじゃないんだぜ、コレ・・・



天才+天才=天才
子供だったらトラウマになるレベル。



病みつきになるね。



9分辺りからのヤナさんの語りがすげぇぇww
震えたと同時に笑いがw

≫ Read More

| たま | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。