悪いか、文句あるかぁ

あんじょじょあじゃーす☆FMO難民の日々

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すごく幸せな

夢をみた。



いい夢をみるのはすごく久しぶりだ。
覚えてないだけでみてるのかもしれないけど、昨日みたいい夢はしっかりと覚えてる。

設定は高校生のようで、ちょうどお昼休みのようだった。
俺はお弁当を食べ終えたようでイスにもたれかかるように天井に顔を向け、反り返るように寝ていた。

席は前の方だったらしく後ろからなにやら話し声が聞こえてきた。
すると、男子の一人(何故か中学時代の嫌なやつ)が
「○○、アーンしてみ!」
何故か素直に目を閉じたままアーンする俺。

すると口になにやら入ってきた!
む、これはお弁当のおかずだ、モグモグニャン。
モグモグしながら目を開ける俺。
するとお弁当箱とお箸を持って微笑む女の子が。

今思うとその子は高校時代可愛いなぁと思ってた子にそっくりだった。髪型は違ったけど。

周りからヒューヒューと冷やかされる俺とその子。
俺はまんざらでもない様子。
「旨い!」とか言ったかもしんない。

すると女の子の方から「今週の○○会、一緒に行きませんか?」とお誘いが。

○○会とは、学校の行事?みたいな見学会みたいなもののようで学生全員参加モノ。各自好きなように会場まで行き、バラバラに行動できるようなものらしい。(多分
中身は車の試乗会?みたいなモーターショーみたいなものだった模様。
何故かそういうのが夢のときに浮かんだ。
(車好きじゃないし、高校生だってのに・・・夢らしい)

もちろん承諾する俺。
ここはメアドやら何やら聞くチャンス!と思い聞こうとするが
女の子の方から先に聞かれてしまう。

違うクラスの子だったらしく、メアド交換したあと前のドアから去っていってしまった。
ここで夢はおわり。



最高に幸せだったんだけど、夢から醒めたあとの脱力感といったら・・・
「夢かよ!」と叫んだかもしんない。寝ぼけててあんま覚えてない。

今思い返してみると、全部女の子リードで進んでたなぁ、俺らしいなぁ、ダメなやつと思った。
いくら夢でもそういうとこは変わらんのね!


まぁ超久々にいい夢がみれたんだから
良い兆候ということにしておきましょう!
駄文失敬!

≫ Read More

スポンサーサイト

| | 18:33 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。